Dogecoin ドージコイン
現在価格(1DOGE)
変動率(24h)
時間取引量(24h)
時価総額
公式サイト https://dogecoin.com/

ドージコインは柴犬をモチーフにしている可愛らしい仮想通貨で単位は「DOGE」。モデルになっているのは「かぼすちゃん」という柴犬です。
ビットコインのパロディとして作られた遊び用の仮想通貨で、元IBMエンジニアのアメリカ人、ビリーマーカス氏が作成しました。

Dogcoin /ドージコイン (DOGE/BTC)チャート

3分で分かるDogcoin(ドージコイン)

ソースコードとしてライトコインが元となっており、ブロック生成時間がライトコインよりも短く、約1分でブロックが生成すること、さらにコインの発行上限が定められていないことが大きな特徴です。ドージコインは、海外の掲示板サイトである「4chan」で話題になった、柴犬の写真にテキストを追加した「Doge」というインターネット・ミーム(インターネット上で広がる流行)が発端となりました。

ドージとビットコインのパロディとして作られ、日本の掲示板「2ちゃんねる」におけるアスキーアートのキャラクターから派生した仮想通貨「モナコイン」に似た成り立ちをもっています。

パロディ通貨としての側面を持つ一方で、通貨の開発・改良も積極的に行われ、 Difficulty【ディフィカルティー】の調整やブロック報酬の仕様、発行上限の撤廃など、利用者のニーズに合わせ臨機応変なシステム変更が度々行われています。

また、寄付金等に使われることが多いコインです。2014年ソチ冬季オリンピックにおいて、ジャマイカのボブスレーチームが出場資格があるにも関わらず資金不足で出場が難しくなっていました。

そこでドージコインコミュニティが投稿して寄付金を募る活動を行いました。その結果として当時の価値で約3万ドルにも上るドージコインが集まり、ドージコインとビットコインのレートが大幅に上昇するほどの大きな反響を呼びました。

テクニカル指標に基づいて評価点をリアルタイム表示していますが、この指標は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

Dogcoin(ドージコイン)の特徴

ドージコインは、現在、社会に最も貢献している暗号通貨だといってもいいのではないでしょうか。今後の成長よりも使われ方などに対して最も期待したいと思えるような暗号通貨だと思います。

ジョークで作られたドージコインですが、暗号通貨として新しいあり方で必要とされ続けるように感じます。

ドージコインの今後は、ビットコインの送金で不具合が起きていることから必要となってくることが大いに考えられます。また、ビットコインの最低単価は0.02円(1BTC200万円の時)それ以下は買えないのです。

少量の寄付をするにあたっても使いやすく、送金に関してもスピードの速さや手数料の安さ から、今後も必要になっていく暗号通貨だと思います。

Dogcoin(ドージコイン)の将来性【2022年度版】

ドージコインは2013年に誕生した比較的古参の通貨ですが、2020年から2021年にかけてSNSや掲示板を起点に一気に知名度と投資対象としての需要が高まり、ついには時価総額ランキングトップ10内にまで上り詰めまています。

2021年4月には、米バスケットボールリーグNBAのチーム「ダラス・マーベリックス」が、試合のチケットや関連商品を購入する際の決済手段の1つとしてドージコインを採用することになりました。

5月にはイーロン・マスク氏が「Do you want Tesla to accept Doge?(テスラでの決済手段としてドージコインを使えるようにしてほしいか?)」というアンケートをツイッターで発信しています。

このようにドージコインは企業などからの関心も高くなっており、ただの投資対象に留まらず決済手段などで普及していく可能性があります。が、ツイッターでのイーロン・マスク氏の発言に影響を強く受けたように、「特定の人物に影響力が集中していることは、本当に良いことなのか」という懸念もあります。

しかし、今後もSNS上などで呼びかけなどがおこなわれれば、それが価格に対してポジティブにはたらく可能性は十分にあるでしょう。

ドージコインはイーサリアム、リップル、ポルカドット等の 通貨と比べて、特定の分野に抜きん出ていたり、総合的に高い性能を有していたりするわけではありません。

また、積極的に開発が進められているわけでもありません。多くの通貨は高い性能や将来性があるからそれに対して需要が集まっていますが、ドージコインは今のところ、それらに関係なく投資対象として見られているだけです。

そのため、一過性のブームで終わってしまう可能性もゼロではありません。今後も市場のドージコインに対する印象の変化を敏感に察知することが重要になってくるでしょう。

DOGEが取引可能な取引所

暗号資産CFD
コメントを残す

CAPTCHA


関連キーワード
仮想通貨一覧の関連記事
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます