BitcoinSV ビットコインSV
現在価格(1BSV)
変動率(24h)
時間取引量(24h)
時価総額
公式サイト https://bitcoinsv.io/

ビットコインSVは、2018年11月16日にビットコインキャッシュ(BCH)からハードフォークして誕生した仮想通貨(暗号資産)で単位は「BSV」
「自称サトシ・ナカモト」と称するクレイグ・ライト氏が率いるnChain社よりサポートされており、厳密には「Bitcoin Satoshi Vision(ビットコイン・サトシビジョン)」といいます。

BitcoinSV /ビットコインSV (BSV/JPY) チャート

3分で分かるBitcoinSV(ビットコインSV)

もともと、ビットコインキャッシュ(BCH)も、ビットコイン(BTC)からハードフォークで分岐したコインです。ビットコインキャッシュ(BCH)をハードフォークした際にも、クレイグ・ライト氏が関わっています。

ビットコインの高騰と取引量の増大により、ブロックチェーンに記録できる容量での対応が難しくなり、送金コストと時間も増大するようになりました。

この問題を解消するために行われたハードフォークが、ビットコインとビットコインキャッシュの分岐です。

ビットコインキャッシュは、当時更なる機能改善を目的としたアップデートを2018年11月15日に予定していましたが、「アップデート内容」を巡り、Bitcoin.comのCEOであるロジャー・バー氏や、BitmainのCEOであるジハン・ウー氏が率いる「ビットコインABC」側では主に技術的なアップデートを、そしてクレイグ・ライト氏が率いる「ビットコインSV」ではブロックサイズを32MBからその4倍となる128MBへと拡大させるアップデートを提案していました。
そこで、両開発チームのどちらのアップデート案を採用するかを決定させるために「ハッシュ・ウォー(ハッシュ戦争)」と呼ばれる方法を用いました。

ハッシュ戦争とは、ビットコインABCとSVの間で行われた、ハッシュパワーによる競争のことでハッシュパワーとは、簡単にいうと「どちらがより長いブロックチェーンを作れるか」という力くらべです。

ビットコインABCとSVの間で、このハッシュ戦争に勝利したものが、ビットコインキャッシュを継承できるとしたのです。2018年11月に両コインが公開されると、ハッシュ戦争は激しい攻防を繰り返しました。抜きつ抜かれつしたのち、同月26日にSVを支持するクレイグ氏がハッシュ戦争の終結宣言を発表し、この戦いは結末を迎えることとなります。

結果としては、ビットコインABCがビットコインキャッシュ(BCH)の通貨単位(ティッカーマーク)や名称を引き継ぎ、ビットコインSVは「ビットコインSV」として、個別にプロジェクトを進めることになりました。

テクニカル指標に基づいて評価点をリアルタイム表示していますが、この指標は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

BitcoinSV(ビットコインSV)の特徴

このビットコインSVは、2008年に「Bitcoin:Peer-to-Peer Electronic Cash System」と呼ばれる論文を発表し、ビットコインを生み出したとされている「サトシ・ナカモト」の理念を追求し、「サトシ・ナカモトのビジョンを達成する」という使命のもとで誕生しました。その使命は、オリジナルのBitcoinプロトコルを復元し、それを安定に保ち、大規模にブロックを拡張することを可能にすることです。

ビットコインSVの仕様も、ブロックサイズを大きくし、初期のビットコインのようにスムーズに使用できる以外、無駄な機能は省いた仕様となっています。公式サイトでSatoshi Visionという名のロードマップを公開して、そこには基本となる4つの柱「安定性」「スケーラビリティ」「セキュリティ」「ゼロ承認トランザクション」が掲げられています。

様々な状況下で新しい思想かビットコインのオリジナルの思想にそって開発されているビットコインSVですが、ビットコインキャッシュ(BCHABC)とは異なった視点で開発されていることは確かです。

この開発目標が今後シェアを伸ばしていけるかは不明ですが、新しい切り口で現在の企業が利用しやすいように考えられたプロジェクトなので、今後の成長にも期待ができます。

BitcoinSV(ビットコインSV)の将来性【2019年度版】

ビットコインABCがビットコインキャッシュを承継することもあり、将来性はABCの方に有利なようにも見えますが、ビットコインSVが持つシンプルさを「仮想通貨のあるべき姿」と見る向きもあります。

クレイグ氏の息がかかり過ぎなど、中央集権的だと批判されることもありますが、ビットコインSVを支持する声も根強く、今後両コインの立場が入れ替わる可能性も充分考えられます。今後の動向には引き続き注目するべきでしょう。
今後の動向次第では、ビットコインSVが優位となる可能性もあるかもしれません。

BSVが取引可能な取引所

残念ながら、日本国内ではBSVを取り扱っているところがありません。しかし、海外の取引所からBSVの購入が可能です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます