ZenCash(ZEN)は公式ブログで、日本時間6月3日(日)午前11:43頃、51%攻撃を受けたと発表した。51%攻撃とは、不正な取引を目的に、悪意ある者が過半数以上のマイニングの計算能力を保持し、ブロックチェーンのネットワークを乗っ取ることをいう。

ZenCashはこのような事態を予測していたかのように素早い対応を取った。速やかに事態を調査し、これが51%攻撃であることを確認すると同時に、二重払いを最小限にとどめるため、各取引所にZenCash(ZEN)の承認時間を延ばすように依頼した。

しかし、対策が取られたときには、二重払いはすでに2度行われていたことが発覚した。ハッカーは1万9000のZENを不正な操作により使いまわし、倍額の価値を得たと考えられる。これは現在の市場価格では約55万8000ドル(日本円で約6,140万円)の価値となり、決して小さな額ではない。

この攻撃により、攻撃直後には1ZEN=28~30ドル(日本円約3000円)に値下がりし、攻撃が落ち着いてからもまだ十分な回復を見せていない。

ZenCashは公式ブログでユーザーに対し、ユーザーの資金には被害が出ないことを確認し、心配であれば取引所に問い合わせるように呼び掛けている。また、被害を受けた取引所の協力のもと、ハッカーの特定や事態の分析に尽力しており、また引き続きネットワークの監視を強化することを伝えている。調査結果が出れば、しかるべき機関に報告するという。

ZenCashhaは匿名の暗号通貨

ZenCashは、ZClassic(ジークラシック)から2017年6月にハードフォークし、誕生した比較的新しい仮想通貨で、略号はZEN。

Zcash、ZClassicと同様に匿名性を非常に重視しており、ブロックチェーン技術を用いた真のプライバシー保護と非中央集権化の実現を目指しています。ゼンキャッシュが提供している匿名性ブロックチェーンプラットフォームは、仮想通貨以外にメディアやメッセージング機能への応用も可能にしています。

また、ゼンキャッシュは仮想通貨業界をリードしているブロックチェーン研究開発組織IOHKと提携していることで有名です。

いま読まれている記事(提供リンク)
露天風呂付の部屋を予約するなら…
露天風呂付の部屋を予約するなら…
全国のいい湯を知っている「温泉コンシェルジュ」があなたの旅行をお手伝い。有名温泉から穴場の温泉まで、宿・旅館を2000件以上ご紹介。
初めての仮想通貨は安心の取引を
初めての仮想通貨は安心の取引を
金融業界の豊富な実績とノウハウはGMOコインで!好きなコインを取引しょう!仮想通貨なら安心のGMOインターネット(東証一部上場)グループの『GMOコイン』
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます