リップルチームはxRapidを通じた流動性ソリューションに関する詳細をブログで公開しました。

ファイナンシャルタイムズによると、その価値をあまり変えずに特定の証券や金融商品で取引を実行することがどれほど簡単かという流動性を定義しており、国内取引の場合では金融取引所が単一の通貨で取引を実行するため、通常流動性は高く一般的に各人が保有する口座残高に対して承認されているとしています。

しかし、国際的または国境を越えた取引の場合、より大きな課題が存在します。
それは、すなわち国別の規制と通貨です。

その結果、ある通貨を別の通貨と交換すると、価格と時間差が発生し、両者の価格設定に影響を与える可能性があります。これは、リスクとコストを増加させながら、取引のパフォーマンスと流動性を低下させます。

これらのリスクをある程度緩和するために、金融機関はその国の通貨での取引のいずれかの側でノストロアカウント(銀行間取引で外貨資金の決済を行うために、外国に現地通貨で保有する口座)に事前に資金を供給する必要があります。リップルはこの方法により取引に関与する当事者のリスクを低下させるので、流動性が改善されると述べています。

2016年のマッキンゼー・グローバル・ペイメントの報告書によれば、世界中のこれらのノストロ口座には約5兆ドルもの預金口座があるとしており、これは眠った資金と言っても過言ではありません。
また大規模な金融機関は、クロスボーダー取引のためにこれらの口座を保有することができますが、中小規模の決済会社や銀行にとっては難しく、多くの場合そうした企業や銀行は今後のグローバルな支払いの取引競争から取り残される可能性を持つ事になります。

しかし、この問題についてリップルのネットワークを利用する事により解決が可能であると考えています。

リップルのブログによると、

「リップルのxRapidソリューションは、オンデマンド流動性を提供するためにXRPを独自に使用しています。xRapidは、通貨間のリアルタイムで低コストの取引を促進することで、リスクを軽減し、エンタープライズクライアントのクロスボーダー支払いの潜在力を最大限に引き出すことができます。」

と明記しており、それだけでなく1秒間に16トランザクション(TPS)の限られた容量のため決済に1時間以上かかるビットコインとは異なり、XRPはトランザクションを数秒で解決し1,500 TPSを管理することができます。
これはVisaなどの主要なクレジットカードネットワークに相当します。

リップルは、「XRPが国際取引に流動性を提供するために企業向けに特別に作成されたためだ」と語っています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます