以前、当サイトでご紹介した仮想通貨モバイルウォレット「Ginco」。
株式会社Ginco(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森川夢佑斗)は、スマホで安全に、仮想通貨をはじめとするあらゆる価値取引管理を可能とする仮想通貨モバイルウォレット「Ginco」を2018年4月24日(火)に本格リリースする事を発表しました。

日本語UIで使いやすく、安全に資産を管理できるウォレット

日本語のわかりやすいUIで、仮想通貨の「入金」「送金」「管理」が可能となる。
これらを、ブロックチェーンの仕組み上最低限必要な手数料のみ、上乗せ手数料ゼロで提供している。
また、日本語でのバックアップの設定など、誤操作により利用者の資産が失われてしまう事がなるべく起こらないようなUI設計を行っている。

〈具体的な利用シーン〉
・取引所などから仮想通貨を送金し、保管する
・飲食店やECサイトでの決済に利用する
・個人間で仮想通貨をやりとりする
・仮想通貨資産のポートフォリオを確認する

高いセキュリティと、外部APIに依存しないスケーラビリティ

仮想通貨ウォレット「Ginco」は、「秘密鍵」をサーバで管理しないクライアント型のウォレットアプリとなる。
加えて、SSL/TLSでの通信、独自の認証方式、強固なサーバ構成を実装することにより、仮想通貨の管理において必要不可欠なセキュリティを実現している。また、外部APIに依存することなくウォレット機能を独自に実装しているため、充分なスケーラビリティ(負荷耐性・可用性)を担保している。

マルチコイン対応

ビットコインやイーサリアムなど、仕様の異なる複数のブロックチェーンプラットフォームに対応し、様々な仮想通貨を一元管理することが可能です。今後はビットコインキャッシュやライトコインなどの主要な仮想通貨への対応を順次行っていく。

【公式:Ginco
【出典:VentureTimes

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます