ビットコインは15日、10%以上暴落し2017年10月以来の最低価格に達している。一方で他の主要仮想通貨は最高20%の大暴落を起こしている。

日本時間14時44分の時点でビットコインはコインマーケットキャップで11.52%下落し、5,623ドルの値を付けた。世界最大の仮想通貨取引量を誇るビナンスでも11.86%安の5,705ドルとなった。

他の仮想通貨はビットコインよりさらに激しい下落を見せている。イーサリアムは14.33%安で176ドル97セント、リップルで10.28%安の45.65セント、ビットコインキャッシュは18.04%安で428ドル77セントに落ち込んでいる。

コインマーケットキャップによれば仮想通貨市場の時価総額は現在、1,837億4千万ドル。そのうちビットコインの占める割合は半分強の53%。

アナリストらの中からは、仮想通貨市場の下落は新プロトコルの迅速な導入でビットコインABC、ビットコインSVが誕生することによるものとの見方が示されている。

【出典:Sputnik

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます