エンゲート株式会社は、スポーツチームや選手と、ファンとのコミュニティ形成及び長期での関係構築を目指し、NEMブロックチェーン技術を採用した「投げ銭コミュニティ」を2018年9月にサービス提供開始する事を発表した。

第一弾として8競技20チームと協業しサービスを展開する予定となる。

エンゲートのサービスでは、ファンがチームや選手を「応援する気持ち」を「投げ銭」という行為で実施する。

実際にファンから投げられた投げ銭はチームの運営や選手のキャリアを支えるお金として使われる。これらの履歴はチームや選手とファンとの結びつきを表すものとして、すべて改ざんできない形でブロックチェーンに記録される。

スポーツ選手には幾つかのキャリアステージがあり、それぞれ所属する組織や取り組む活動内容が異なる為、エンゲートは選手の育成期から、プロプレイヤーを経てリタイアした後も一貫して、ファンとの結びつきをコミュニティで支援し、思いの総量をビッグデータとして保有する。

第一弾では、投げ銭コミュニティ・サービスを2018年9月に提供開始する予定となる。
ハンドボール、サッカー、フットサル、野球、格闘技、バスケットボール、バレーボール、ラグビーなどの8競技20チームから参加を予定している。

第二弾では、スポーツチームや選手とファンとのコミュニティ形成と、長期での関係構築を目指し、上位リーグや現役プロプレイヤーに加えて、下位リーグや未来のプロプレイヤー育成も視野に入れたファンドの組成を予定している。

【出典:VentureTimes

いま読まれている記事(提供リンク)
露天風呂付の部屋を予約するなら…
露天風呂付の部屋を予約するなら…
全国のいい湯を知っている「温泉コンシェルジュ」があなたの旅行をお手伝い。有名温泉から穴場の温泉まで、宿・旅館を2000件以上ご紹介。
初めての仮想通貨は安心の取引を
初めての仮想通貨は安心の取引を
金融業界の豊富な実績とノウハウはGMOコインで!好きなコインを取引しょう!仮想通貨なら安心のGMOインターネット(東証一部上場)グループの『GMOコイン』
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます