株式会社BLACK STAR&CO.(本社:東京都千代田区)は、同社が国内外のパートナーと連携して取り組むプロジェクトSPINDLEにおいて、発行する SPINDLEトークン(以下、SPD)が2018年5月21日(月)までに世界4カ所の仮想通貨取引所に上場したことを発表した。

SPD取り扱い仮想通貨取引所は、以下となる。

HITBTC、Yobit、BTC ALPHA、Livecoin、Exrates(近日上場予定)

今回の上場により、SPDは高い流動性を獲得する事となり、『富裕層だけに特化したものになりがちな投資をもっと一般の人に浸透させたい』という想いからスタ ートした SPINDLEプロジェクトが本格的に始動する。また、この SPINDLEプロジェクトの要であるプラットフォーム「ZETA」も段階を追って稼働していく。

長年にわたって金融業界でノウハウを培ってきたBLACK STAR GROUP(英・日)の専門チームが取り組む SPINDLEプロジェクト並びにZETA は、将来にわたって仮想通貨投資の世界を変革すべく、前述専門チームに加えて初期にSPINDLEプロジェクトに賛同して投資をしたユーザーも含むFOUNDERの哲学を実現するために、ブロックチェーンを含むあらゆるテクノロジーを活用してその具現化を図っていく。

【出典:VentureTimes

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます