SBIホールディングスは4日、完全子会社のSBIバーチャルカーレンシーズを通じ、きょうから仮想通貨販売所の営業を開始すると発表した。まずはリップル(XRP)と日本円ペアの現物取引のみを扱う。

販売所名は「VCTRADE」。昨年10月に先行予約で口座開設を申込んだ、およそ2万人を対象にサービスを開始する。一般の口座開設は7月中を予定している。

ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)も、順次取り扱う予定。
取引システムには証券取引所NASDAQのマッチングエンジンを採用。セコムグループのセコムトラストシステムズ社と提携し、ウォレット管理のセキュリティ体制を整える。

4月26日に開催された決算説明会で北尾吉孝代表取締役社長は、スプレッドを業界最低に設定すると述べていた。リリースによると、取引手数料は無料で、出金手数料がかかると説明している。

SBIバーチャルは昨年9月に仮想通貨交換業の登録を済ませている。
今年1月のコインチェック事件を受け、セキュリティ体制の構築などを理由にサービス開始を延期していた。

【公式:SBIバーチャル・カレンシーズ

いま読まれている記事(提供リンク)
露天風呂付の部屋を予約するなら…
露天風呂付の部屋を予約するなら…
全国のいい湯を知っている「温泉コンシェルジュ」があなたの旅行をお手伝い。有名温泉から穴場の温泉まで、宿・旅館を2000件以上ご紹介。
初めての仮想通貨は安心の取引を
初めての仮想通貨は安心の取引を
金融業界の豊富な実績とノウハウはGMOコインで!好きなコインを取引しょう!仮想通貨なら安心のGMOインターネット(東証一部上場)グループの『GMOコイン』
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます