ブロックチェーン企業のリップルが、越境支払い提供サービスを発展させ続けている。
同社が最近達成した成果は、日本とブラジルの間の支払い実施の緩和だ。

日本のメガバンク「三菱UFJ銀行」の子会社「MUFGブラジル」は、ブラジルの「ブラデスコ銀行」とのパートナー計画の開始を発表。共同事業の目的となるのは、両国間の越境支払いシステムの発展だ。

越境支払いシステム創設に関するブラジルと日本の間の合意は、グローバルな支払いネットワーク「リップルネット」を利用する200件を超えるパートナープロジェクトに合流することになる。

【出典:Sputnik

いま読まれている記事(提供リンク)
露天風呂付の部屋を予約するなら…
露天風呂付の部屋を予約するなら…
全国のいい湯を知っている「温泉コンシェルジュ」があなたの旅行をお手伝い。有名温泉から穴場の温泉まで、宿・旅館を2000件以上ご紹介。
初めての仮想通貨は安心の取引を
初めての仮想通貨は安心の取引を
金融業界の豊富な実績とノウハウはGMOコインで!好きなコインを取引しょう!仮想通貨なら安心のGMOインターネット(東証一部上場)グループの『GMOコイン』
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます