仮想通貨取引所のPoloniex(ポロニエックス)は、3つの仮想通貨の上場廃止、米国に拠点を置く顧客に対し、マージン取引(信用取引)と貸仮想通貨サービス(レンディングサービス)を廃止することを発表した。

今年の末までに、アメリカ居住者向けの信用取引と貸仮想通貨サービスを廃止する意向を発表。

今回の発表は、米国居住者へサービスを提供するに当たり、各管轄区域の規制当局の必須条件を満たす必要に迫られたためとしている。

また、10月10日の12:00pm(アメリカ東部標準時)で、以下の仮想通貨3つが上場廃止される。

・Synereo (AMP)
・Expanse (EXP)
・Gnosis (GNO)

今回の上場廃止に関して、廃止の7日前にアナウンスがあり、通貨保有者は引出しに30日間の猶予があるとのこと。

いま読まれている記事(提供リンク)
露天風呂付の部屋を予約するなら…
露天風呂付の部屋を予約するなら…
全国のいい湯を知っている「温泉コンシェルジュ」があなたの旅行をお手伝い。有名温泉から穴場の温泉まで、宿・旅館を2000件以上ご紹介。
初めての仮想通貨は安心の取引を
初めての仮想通貨は安心の取引を
金融業界の豊富な実績とノウハウはGMOコインで!好きなコインを取引しょう!仮想通貨なら安心のGMOインターネット(東証一部上場)グループの『GMOコイン』
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます