日本発の仮想通貨プロジェクト「NinjaCoin(ニンジャコイン)」は、プロジェクト発足から1年が経過し、2018(平成30)年10月10日を起点として大幅なリブランディングを行っていく事が発表された。

仮想通貨「NinjaCoin」のロゴ、ウェブサイト、ホワイトペーパー、ブログメディアなどが一新される。近日中に、海外取引所へ上場し、IEO(Initial Exchange Offering)による資金調達を開始する事も併せて発表された。

「NinjaCoin」は、時間・言葉・お金など旅行者が抱える様々な問題を、ブロックチェーン技術および仮想通貨を活用したプラットフォームで解消することを目的とした、共通通貨及びその企画開発・普及促進プロジェクト。

これまで、NinjaCoinプロジェクトは手荷物預かりサービス「Tebura」という名称の下で運営を行ってきた。今回のリブランディングでは、仮想通貨「NinjaCoin」そして観光関連サービスプラットフォーム「Tebura」の定義を明確にし、プロジェクトが実現したい世界観やアイデンティティをよりイメージされる事を目的としている。

【出典:VentureTimes

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます