1月26日にコインチェックより不正送金されたNEMの補償について、コインチェックより正式な発表がありました。
補償内容は以下(コインチェックより抜粋)

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

市場では不正送金の発覚から約1日足らずでの補償発表にコインチェックの対応を称賛する声と共に、不正送金時のネムの価格に比べ補償額が88.549円と低い事に対して「強制損切りだ」との不満の声もあがっていますが、対応への安心感からか、発表と共に全銘柄の価格が軒並み上昇。

倒産の可能性なども囁かれていたコインチェックですが、約26万人に対してJPYでの返還を行う形となる為、少なくとも300~400億円程度を自己資金から捻出すると見られています。

現時点では他の通貨への対応やJPYの入出金に関しての正式な発表はありません。

発表があり次第随時追記致します。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます