NECおよびNEC欧州研究所は、取引記録に参加するノード数200ノード程度の大規模接続環境下で、毎秒10万件以上の記録性能を達成するブロックチェーン向け合意形成アルゴリズムを開発したことを発表した。これは、世界規模のクレジットカード取引を支えるシステムとして必要とされる毎秒数万件を超える性能であり、ビジネス用途でのブロックチェーンの本格的な活用を加速する技術である。

ブロックチェーンは、複数の参加者がデータの記録と共有を行い、データの保証や改ざん防止を行うが、記録速度や参加ノード数の拡張性に課題があった。この課題はブロックチェーンが参加ノード間の合意形成に用いるアルゴリズムに起因していた。今回、NECは、記録性能、参加ノード数で従来を超える性能を持つ合意形成アルゴリズムを備え、かつ関係者外からデータを秘匿可能なソフトウェアを開発、これにより高速性と安全性の両面で世界一の性能を実現し、さらに、IoTデバイスからの高速参照も可能にした。

NECは「社会ソリューション事業」に注力しており、今回開発した高速でセキュアなブロックチェーン向け技術によって、金融機関における本人確認業務の効率化や、スマートグリッドにおける電力取引の決済効率化の実現に貢献していく。

【出典:VentureTimes

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます