住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の3行が先行商用化を予定している内外為替一元化コンソーシアムにおけるスマートフォン向け送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」のティザーサイトが公開された。

マネータップは、60もの銀行が加わる日本銀行コンソーシアムによって使用される予定であるが、これは日本の銀行の約80%にもなる。ウェブサイトに掲載されている情報によると、アプリは今年の秋にiOSとAndroidに登場するという。

SBIホールディングスのCEO北尾吉孝氏は、今年6月に開催された日本最大級のブロックチェーンカンファレンスにて「XRPは仮想通貨の世界で、グローバルスタンダートになるポテンシャルを持っている。」とも語っており、技術開発が進めば機能を拡張しマネータップのブリッジ通貨にXRPを使用することも検討しているという。

リップルの技術は、様々な金融機関によって徐々に広く使用されていっているが、XRPは銀行のソリューションにおいて依然として実用化されていないような状況だ。マネータップは複数の異なる銀行が使用する初めてのアプリとなるが、将来的にブリッジ通貨としてXRPが使用されればXRPの価格は期待される予想価格に押し上げられる可能性がありそうだ。

今年6月には、国内最大手の金融持株会社SBIホールディングスの子会社SBIバーチャル・カレンシーズが、仮想通貨取引所VCTRADEのサービスを開始しており、先行してXRPを取り扱うなどリップルとXRPを支持していることが注目されている。

【公式サイト:MoneyTap

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます