楽天グループの「みんなのビットコイン」を運営するみんなのビットコイン株式会社は1月22日、電子帳票の不具合により制限していた仮想通貨の現物売買取引などの再開を発表した。

みんなのビットコインは2018年5月頃、電子帳票の不具合を発表し、その影響により7月30日以降、一部取引の制限を実施していました。同不具合は発生から半年超の期間を経て修正が完了したこととなります。

再開する取引は日本円の入金と、現物取引の仮想通貨対日本円・外貨・仮想通貨の各種。
取引残高報告書などを発行する電子帳票機能についても同日より再び利用可能になりました。なお、不具合発生期間中の取引に関する電子帳票について、本発表時点では閲覧不可となっていますが、順次対応予定とのことです。

仮想通貨交換所「みんなのビットコイン」は、取引サービスを3月31日に終了し、4月より新取引サービスを開始する予定であると発表していました。

みんなのBitcoin【お知らせ】

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます