熊本電力株式会社(本社:熊本県熊本市、代表取締役:竹元一真)は、業界最安水準かつ安定した電力供給という強みを生かし仮想通貨採掘事業を行う関連会社のOZ(オズ)マイニング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:竹元一真)を地域新電力会社として設立した事を発表した。

オズマイニング設立の背景

近年、ビットコインをはじめとする仮想通貨の利用者が急増し、2017年10月から仮想通貨取引所が登録制になるなど、その社会的関心は高まっている。
このような現状を背景に、オズマイニングではマイニング事業へ参入し、熊本電力から業界最安水準の安定した電気を使用して、利用者ごとに最適なマイニング環境(データセンター型、コンテナ型など条件に応じて)の提供やクラウドマイニングの提供を行っていく。

最適なマイニング環境の提供

利用者に応じて、データセンター型のマイニング施設(マイニングファーム)や、電力があればどこにでも設置できるコンテナ型のマイニング施設を構築する。
また、マイニング事業を進めるにあたり重要になる電源の確保も熊本電力と協力し、進めていく。

クラウドマイニングの提供

複数マイナーが協力して採掘するシステムの構築をして販売をする。

【出典:VentureTimes

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます