米俳優のジョニー・デップ氏が仮想通貨プラットフォームを展開する「TaTaTu」とパートナーシップ契約を交わした。映画プロデューサーで起業家でもあるアンドレア・イェルヴォリーノ氏と共に映画やデジタルコンテンツの拡充に取り組んでいくという。Hallywood Reporterが報じた。

TaTaTuプラットフォーム上では映像コンテンツなどを無料で視聴することが可能。

自作のコンテンツを共有することもでき、コンテンツ提供者には視聴回数などに応じて仮想通貨「TaTatu(TTU)」が支払われる仕組みだ。
デップ氏らは、イェルヴォリーノ氏が運営に携わるAMBI Media Groupなどと協働しつつ、既に映画製作に取り掛かっているようだ。

イェルヴォリーノ氏は「ジョニー・デップ氏はこれまでの伝統的な映画業界のやり方に囚われる人ではない」とデップ氏を絶賛。

俳優として数々の功績を残しているデップ氏が仮想通貨業界に参入することで、TaTaTuが俳優たちの活躍の場を広げる一翼を担えるようになるかもしれないという。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます