米ドル建てのステーブルコインとして有名なテザー(USDT)だが、今度は円建てのステーブルコインが中国から発行されるとして話題になっている。

中国の巨額ファンドが、日本円の準備金を担保とした価格変動の少ない仮想通貨、ようするに円建てのステーブルコインの開発に向け動き出していると地元メディアのSouth China Morning Postが伝えた。

日本円版テザーを作ろうとしているのは、グランドシェア・ブロックチェーン・ファンドで、運営する100億元、日本円にして約1,600億円のうち30%が中国浙江省の抗州市による出資であり公共機関が関わっていることも手伝って注目されている。

今までステーブルコインと言うとテザーや最近注目されているジェミニ・コインの米ドル建てが主流だったが、世界的に安定資産として知られている円建てのステーブルコインが本格的に稼働されれば、人々は購入に前向きになるだろう。今回の仕掛人のリ・シャオライ氏は、中国圏を中心に流行っているEOSの仕掛人としても囁かれる重要人物の一人で、一時は10万ビットコイン以上を保有し、その一挙一動に注目が集まる人物としても知られている。

また老猫(ラオマオ)と称される余文卓氏も参画している。同氏は今年はじめにドル準備金や市場操縦に対する疑惑がつきまとうテザーをかばった人物としても知られており、仮想通貨取引所であるビットフィネックスとの関係が近いとも言われている。

ステーブルコインとは?
仮想通貨と言えば価格変動が激しくギャンブルのようなイメージを持っている方も多いと思いますが、価格が変動しない仮想通貨もあります。それがステーブルコインです。価格が一定のため、ボラティリティがなく、実生活で使いやすいのが特徴です。
スイスリアルコインのCEO、ブリジット・ルギンブールは「ビットコインのようなボラティリティの高い仮想通貨とは違い、ステーブルコインは現実の世界に基づいているため、人々を憂鬱な価格変動で悩ますこと無く、彼らに実用的で役立つ利益を提供する」と、ステーブルコインを定義しています。
いま読まれている記事(提供リンク)
露天風呂付の部屋を予約するなら…
露天風呂付の部屋を予約するなら…
全国のいい湯を知っている「温泉コンシェルジュ」があなたの旅行をお手伝い。有名温泉から穴場の温泉まで、宿・旅館を2000件以上ご紹介。
初めての仮想通貨は安心の取引を
初めての仮想通貨は安心の取引を
金融業界の豊富な実績とノウハウはGMOコインで!好きなコインを取引しょう!仮想通貨なら安心のGMOインターネット(東証一部上場)グループの『GMOコイン』
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます