イギリスの取引所であるHitBTCが2018年6月2日に日本人ユーザー向けのサービス提供を一時中断することを発表しました。

日本人の一部のユーザーにのみ、HitBTCの利用を一時中断するとメールが届いたようです。HitBTCはCoinmarketcapでの取引所ランキングもTOP10以内の取引所で1日あたりの取引量も約30000BTCを超える出来高がありました。

HitBTCは、ICOが終了した通貨をいち早く上場させたり、HitBTCでしか取扱っていない通貨もいくつかあり、日本人でも多くのユーザーが利用していたことが考えられます。

このニュースによって、他のメジャーな取引所に上場していないノアコインなど一部の通貨が暴落しました。

原因は、HitBTCが日本の交換業の申請を行っており、日本の金融庁の要件を守るために日本人取引不可という判断のようです。

HitBTCはイギリスの仮想通貨取引所ですが、日本の金融庁とイギリスの金融監督機関(FCA)は昨年から協力関係を結んでおり、お互いの国の法を守りながら、FinTech推進のための協力枠組みを構築することを目的とした国同士の書簡を交換をしています。

今後、日本人は日本の交換業の登録を完了した仮想通貨の銘柄しか購入できなくなるかもしれません。

これからどうなるかわかりませんが、日本人が海外のICOに参加ができなくなる可能性も出てきます。これからの市場動向に注意が必要です。

おすすめコンテンツ【 PR 】
露天風呂付の部屋を予約するなら…
露天風呂付の部屋を予約するなら…
全国のいい湯を知っている「温泉コンシェルジュ」があなたの旅行をお手伝い。有名温泉から穴場の温泉まで、宿・旅館を2000件以上ご紹介。
初めての仮想通貨は安心の取引を
初めての仮想通貨は安心の取引を
金融業界の豊富な実績とノウハウはGMOコインで!好きなコインを取引しょう!仮想通貨なら安心のGMOインターネット(東証一部上場)グループの『GMOコイン』
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます