Avastは1月16日、仮想通貨ウォレットを装った詐欺アプリに関する注意を呼び掛けた。詐欺アプリはGoogle Playにて、「CryptoWallmart」を名乗るディベロッパから配信されており、アプリ名は「ADA Cardano Crypto Wallet」「All Crypto Currency Wallet」。Avastが把握した時点で、アプリは既に100端末から500端末にダウンロードされているという。

ADA Cardano Crypto Walletは、仮想通貨「ADA」を扱う「Daedalus」の公式ウォレットであると偽っている。BitcoinやLitecoinなど、他の仮想通貨をADAコインに変換できるとしているが、変換するためにユーザーが仮想通貨をアプリ記載のアドレスに送ると、仮想通貨が消えてしまう。

もう一つのAll Crypto Currency Walletは、複数の仮想通貨を保管・管理できるマルチコインウォレットであるとうたい、ユーザーから送られた仮想通貨を盗む。

詐欺にあわないために、Avastはユーザーに向け、端末にセキュリティアプリを導入するよう勧告。このほか、アプリのレビューはポジティブなものと、ネガティブなもの両方を読むことや、アプリに求められる認証内容をよく確認することを促している。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます