「世界的に台頭する仮想通貨が現れるだろうが、それはビットコインではない」

ゴールドマンサックスの元社長兼COO(最高執行責任者)、ゲイリー・コーン氏は5月8日、インタビューの中で仮想通貨の未来について自身の見解を語った。

コーン氏はゴールドマンサックスを経て、ドナルド・トランプ政権では米国家経済会議委員長と経済担当大統領補佐官を務めるも、今年3月に退任している。

「ビットコインにはあまり期待していないが、ブロックチェーンの技術には期待している」

「将来的にある仮想通貨がグローバルスタンダードになるだろう。しかし、それはビットコインのように電気料金やマイニングのコストに基づいて価値が決定されるものではなく、世界が価値を理解できるものになる」と語った。

また、マイニングコストとか電気代とかそういうことではなく、仮想通貨を本当に理解した時に世界的な仮想通貨が現れるだろうとした上で、「その際に台頭する仮想通貨はビットコインではない」とした。

ゴールドマンサックスは仮想通貨事業に進出しているウォールストリートの企業の1つ。先月には元トレーダーのジャスティン・シュミット氏をデジタル資産市場の初の責任者として採用していた。

コーン氏は「米ゴールドマンサックスは株主の利益になると思うことはやるべきだ」とも語った。なお、コーン氏は米ゴールドマンサックスの株は保有していないという。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます