フィスコの持分法適用関連会社であるフィスコ仮想通貨取引所(FCCE)は11月22日付で、テックビューロが営む仮想通貨交換所「Zaif」の事業を譲受する。FCCEにおけるZaif譲受後は、サービスおよびセキュリティ強化が注力分野となる見込み。

FCCEでは特に、セキュリティ面の強化に力を入れているようだ。具体的なセキュリティ対策内容はその性質上、詳細の発表が控えられているものの、内部不正対策としての運用管理ソフトに加え、外部からの攻撃対策として標的型攻撃対策製品を始めとする複数のセキュリティ対策製品をそれぞれ導入済みとなっている。これらセキュリティ対策の有効性を検証するため、外部テスト専門業者との共同テスト、サイバーセキュリティ専門企業複数社による侵入テストなどの脆弱性診断を実施するなど、第三者目線でのセキュリティチェックも済ませている。

さらに、サイバー攻撃などのセキュリティ面の脅威が日々巧妙化している現状に鑑みて、今後もサイバーセキュリティ専門企業による定期的なテストの実施も予定されているようだ。現状90%のコールドウォレット比率についても、更にその比率を上げることのできるオペレーションの構築に向けての検討も開始されている。

いま読まれている記事(提供リンク)
露天風呂付の部屋を予約するなら…
露天風呂付の部屋を予約するなら…
全国のいい湯を知っている「温泉コンシェルジュ」があなたの旅行をお手伝い。有名温泉から穴場の温泉まで、宿・旅館を2000件以上ご紹介。
初めての仮想通貨は安心の取引を
初めての仮想通貨は安心の取引を
金融業界の豊富な実績とノウハウはGMOコインで!好きなコインを取引しょう!仮想通貨なら安心のGMOインターネット(東証一部上場)グループの『GMOコイン』
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます