19日の市場では、仮想通貨が下落を再開。ビットコインは2017年10月以降で初めて560,000円を割り込んだ。最も規模の大きい仮想通貨の1つであるビットコインキャッシュの分裂や、ICOに対する規制当局の監視強化が影響している。

ビットコインは一時、前週末比9%安の約558,000円まで売られた。

その他の仮想通貨はさらに下げがきつく、イーサリアムは一時12%安、ライトコインは13%安で、リップルだけが逆行高となっている。時価総額の大きい仮想通貨の指標であるブルームバーグ・ギャラクシー・クリプト指数は8.3%下げ、このまま取引を終えれば1年ぶりの安値となる。

米証券取引委員会(SEC)は16日、仮想通貨を発行したエアフォックスとパラゴン・コインの2社に対し、ICOを証券として登録していなかったとして初の民事制裁金を科した。
両社には投資家への賠償としてそれぞれ25万ドル(約2,800万円)の制裁金支払いと、証券としての登録を命じた。

いま読まれている記事(提供リンク)
露天風呂付の部屋を予約するなら…
露天風呂付の部屋を予約するなら…
全国のいい湯を知っている「温泉コンシェルジュ」があなたの旅行をお手伝い。有名温泉から穴場の温泉まで、宿・旅館を2000件以上ご紹介。
初めての仮想通貨は安心の取引を
初めての仮想通貨は安心の取引を
金融業界の豊富な実績とノウハウはGMOコインで!好きなコインを取引しょう!仮想通貨なら安心のGMOインターネット(東証一部上場)グループの『GMOコイン』
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます