米フェイスブック(FB)は18日、米カード大手のビザやマスターカードなど27の企業や団体と共同で、来年上半期にも暗号資産(仮想通貨)を発行すると発表した。

FBのサービスの利用者は世界で計27億人、ビザカードなどの取扱店舗は5千万規模に上り暗号資産(仮想通貨)の普及に弾みがつくことになりそうだ。

発表によると、暗号資産(仮想通貨)の名称は「リブラ」で、スイスのジュネーブに設立した発行団体「リブラ協会」が管理、運営する。

創立メンバーには、FBの子会社のほか、音楽配信のスポティファイやオンライン決済のペイパル、配車サービスのウーバーなど27の企業・団体が参加。開始時には100以上にする考えだ。

日本からの参加も見込み、日本を含む各国の規制当局と協議しているという。

- 以下Twitterの反応 -

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます