イーサリアムのハードフォーク「コンスタンチノープル」が推定で日本時間17日に行われることが予定されていたが、イーサリアムのコア開発者が15日、延期を発表した。
スマートコントラクト監査企業に発見されたセキュリティーの脆弱性が理由だという。今回のハードフォークを好感した形で上昇していたイーサリアムは一転、急落している。

より効率の良いアルゴリズムへの一歩と見られる今回のハードフォーク、コンスタンチノープル。
スマートコントラクトの監査企業、ChainSecurity(チェーンセキュリティー)によれば、コンスタンチノープルでイーサリアム・ネットワーク上の一部ではこれまでより安価な手数料を提供できるようになるものの、副作用としてリエントランシ攻撃とよばれるスマートコントラクトにありがちな脆弱性が起きるという。

リエントランシ攻撃によって、潜在的な攻撃者は、繰り返し資金の引き出しを要求することで、スマートコントラクトから仮想通貨を盗める。その際、攻撃者の実際のETHのバランスはごまかせるそうだ。

この報告を受けてコンスタンチノープルのコーディネーターであるAfri Schoedon(アフリ・スコエドン)氏は、米SNSレディットで少なくとも来週までコンスタンチノープルを延期することを発表した。

イーサリアムのPoW(プルーフオブワーク)からエネルギー効率の良いPoS(プルーフオブステーク)への移行に向けた一歩と位置付けられるコンスタンチノープルを好感してか、イーサリアム(ETH)は前日夜中まで急騰していたが、延期の報道を受けてマイナスに転じた。現在、6%以上の下落で、主要10通貨の中で一番の下落率を記録している。

【出典:Cointelegraph

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます