中国政府傘下の電子情報産業発展研究院(CCID)は、最新の主要仮想通貨の格付けを発表した。EOSが一番高い評価を維持している。イーサリアムは2位、ビットコインは15位、リップルは20位だった。

CCIDによる仮想通貨格付けは昨年5月に開始した。「基本的な技術」、「適用可能性」、および「創造性」といった項目をもとに仮想通貨を格付けしている。この格付けでのビットコインの評価については、論争の的となっていることもある。

今回の発表は昨年12月に続き、9回目となる。EOSは18年6月以来、トップを維持している。

イーサリアムも2位の地位を維持した。3位はオントロジー、4位にGXChain、5位がBitSharesと続く。ビットコインの方は、前回の18位から今回は15位にランキングが上がった。

【出典:Cointelegraph

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます