仮想通貨「NEM(ネム)」を流出させた交換業者大手のコインチェックは13日、流出後に停止していた顧客の円資産の出金を再開した。一方、被害を受けた約26万人に対する約460億円の補償の時期や、仮想通貨出金のめどは依然、明らかにしていない。

約580億円相当のネム流出は1月26日に発生し、同社は顧客から預かっている日本円の引き出しなども停止していた。
出金は顧客が指定する銀行口座に順次振り込む形で行うという。

同社は13日、再発防止策を盛り込んだ業務改善報告書を金融庁に提出する予定。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます