マネックスグループのグループ会社、コインチェック株式会社運営の仮想通貨取引所コインチェックは、18日、匿名通貨Monero(XMR)、Dash(DASH)、Zcash(ZEC)の3種類に加え、Augur(REP)の取扱いを廃止することを政府発行の官報にて情報開示した。

コインチェック社は現時点ではみなし事業者であり、金融庁による立ち入り検査の結果、2度に渡る業務改善命令を受けている。
3月に受けた業務改善命令では、取り扱い通貨のマネーロンダリング対策の徹底やリスクの洗い出しなどが求められていた。
これによりコインチェックでの取り扱い仮想通貨は、現段階の12種類から全8種類となる。

【出典:VentureTimes

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます