国のウエブマーケティングポータル「腾讯新闻(テンセント・ニュース)」によれば、今回の暴落で最も手痛い被害を受けたのは中小のマイニング企業。新疆ウイグル自治区、内モンゴル自治区のマイニング企業は大損害をだし、プラントのたたき売りを開始した。1年前に2万元(約327,000円)購入されたプラントが現在、最高値でも1千元(約16,000円)で売却されているか、単に屑鉄として廃棄されている。

ビットコインの大暴落で最も大きな被害を受けているのは中小のマイニング業者。ビットマインのような大企業は政権によるビットコイン生産禁止令にもかかわらず、繁栄し続けている。中国、アジアの業界動向を報じる「テクノード」によれば、アジアの専門家らの予測ではビットコイン、仮想通貨にはまだ明るい未来があるとされている。

【出典:Sputnik

あわせて読みたい【提供リンク】
露天風呂付の部屋を予約するなら…
露天風呂付の部屋を予約するなら…
全国のいい湯を知っている「温泉コンシェルジュ」があなたの旅行をお手伝い。有名温泉から穴場の温泉まで、宿・旅館を2000件以上ご紹介。
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます