ビットトレードは12月25日、ビットコインキャッシュのハードフォークに伴い停止していたBCH=BCCの出金と引出を再開した。

ビットトレードは新サービス「Huobi」を開始するアナウンスをしていて、新規口座開設の申込受付は、12月17日に開始されている。

現取引サービス「ビットトレード」で取り扱っているビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップル、イーサリアム、ライトコイン、モナコインといった仮想通貨は、新取引サービス「Huobi」でもすべて取り扱うという。

ただし、Huobiの新規口座開設の申し込みや、資産の移管はユーザー自身が行う必要がある。

ビットトレードでは、すでに新規口座開設の申し込みと、仮想通貨と日本円の入金を受け付けていない。

注文・取引は12月27日に、仮想通貨と日本円の出金およびログインは2019年1月18日の17時に停止となる。

出金処理が間に合わなかった場合、カスタマーサポートに連絡することで、ユーザーが指定するアドレス宛てに送金を依頼することが可能とのこと。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます