仮想通貨ビットコイン(BTC)が日本時間で15日午後2時過から急進している。一時7,000ドルを抜け、2時間で約10%高騰したことになる。取引高も前日比で3倍に増加している。

暴騰の震源地と思われるのが、取引銀行との関係に対する疑念が高まっている仮想通貨取引所ビットフィネックスだ。

現在ビットコインは6,970ドル前後で取引されているが、ビットフィネックスでは一時7,788ドルをつける等、通常価格より約10%ほどの高値で売買されている。

一方で、米ドルと1:1の価格で推移するはずのテザー(USDT)が、同取引所で一時0.92ドルまで下落。

これについてある中国系仮想通貨取引所のトップは「クオンツ系ファンドと、トレーダーがテザーポジションの手仕舞いをし、ビットコインを買い直している」と解説した。

また、ある香港で仮想通貨マーケットメーカー業務を行うトレーダーも「ここにきてテザーへの不信感が高まっている」ことが背景にあるとした。

テザーの発行体であるテザー社は米ドル準備金の有無と預託銀行との関係について疑惑の渦中にある。

いま読まれている記事(提供リンク)
露天風呂付の部屋を予約するなら…
露天風呂付の部屋を予約するなら…
全国のいい湯を知っている「温泉コンシェルジュ」があなたの旅行をお手伝い。有名温泉から穴場の温泉まで、宿・旅館を2000件以上ご紹介。
初めての仮想通貨は安心の取引を
初めての仮想通貨は安心の取引を
金融業界の豊富な実績とノウハウはGMOコインで!好きなコインを取引しょう!仮想通貨なら安心のGMOインターネット(東証一部上場)グループの『GMOコイン』
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます