ビットコインが5月23日の朝方に8000ドルを下回り、一時7800ドル台目前まで下落した。イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュなどの通貨も軒並み下落傾向となっている。

英ネット証券会社ThinkMarketのチーフマーケットアナリストであるナイーム・アスラム氏は足元の市場動向について、「中国ではICO市場が非常にアクティブであるというニュースが伝わり、さらに厳しい規制が課せられるのではないかとの懸念が生じたため」と分析。

8500ドルを回復するのは難しいものの、8000ドルがサポートラインとなっており、レンジが縮小するにつれブレイクアウトする可能性が高まっていくとした。

BlockTributeでは、韓国の金融委員会(FSC)が仮想通貨取引所に対する規制を強化するのではないかとの見方が広がり、仮想通貨の熱狂に冷や水を浴びせたようだとしている。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます