LINEは6月28日、数の新サービスとともに、LINEが向かう今後の方向性などを発表する年に一度の大規模カンファレンス「LINE CONFERENCE 2018」を開催した。

イベントの最後に登壇した同社代表取締役社長の出澤剛氏は、グローバルで展開する仮想通貨取引所「BITBOX」を発表した。

BITBOXは、日本・米国を除いた全世界で展開する仮想通貨取引所であり、ビットコインやイーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインなど、30種類の通貨を取り扱う。対応言語は日本語、タイ語を除いた15言語に対応する。

また、通貨は順次追加するとしている。

BITBOXは、LINEと、仮想通貨事業やブロックチェーン関連事業を展開するLINEのグループ会社「LVC」が、両社の傘下であるLINE Tech Plus(所在地:シンガポール)を通して提供するもの。

仮想通貨の交換のみを取り扱う取引所であり、法定通貨による仮想通貨の売買はできないという。また、IPアドレス、電話番号、KYCによって非対象ユーザーの利用を制限するとしている。

ベントでは取引所の詳細については触れなかったものの、7月からの提供開始を予定。

おすすめコンテンツ【 PR 】
露天風呂付の部屋を予約するなら…
露天風呂付の部屋を予約するなら…
全国のいい湯を知っている「温泉コンシェルジュ」があなたの旅行をお手伝い。有名温泉から穴場の温泉まで、宿・旅館を2000件以上ご紹介。
初めての仮想通貨は安心の取引を
初めての仮想通貨は安心の取引を
金融業界の豊富な実績とノウハウはGMOコインで!好きなコインを取引しょう!仮想通貨なら安心のGMOインターネット(東証一部上場)グループの『GMOコイン』
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます