ビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所「bitbank」は3月1日、「仮想通貨を貸して増やす」サービスの3月期の募集を開始しました。

このサービスは、ユーザーが保有する仮想通貨をbitbankに貸し出し、1年後に利用料として、最大5%の仮想通貨を受け取ることができるもの。現在はビットコインのみの取り扱いで、今後はリップル、ライトコイン、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュなどへの対応も予定。

利用料については、1BTC以上5BTC未満を貸し出した場合は3%、5BTC以上10BTC未満を貸し出した場合は4%、10BTC以上を貸し出した場合は5%に設定されている。申し込みの最小数量は1BTC、最大数量は25BTC。なお、途中で解約した場合には手数料5%を差し引いた額が返還される。

今期の募集は3月31日まで、満了期日は2020年3月31日となっています。申請は上限数に達し次第終了となるので、ビットコインの長期保有を決めている方は、預けるだけで年利がつくこのサービスを検討してみては?

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます