ビットコインキャッシュ(BCH)は15日、ハードフォークが完了し、ブロックチェーンに複数の変更が加えられました。ブロックサイズを8MBから32MBに増やし、SatoshiOPcodesと呼ばれるオペコードの追加によってビットコインキャッシュでのスマートコントラクトの導入が可能となりました。


2017年12月に発表済みのロードマップでは、11月にもアップグレードが実施されると発表されています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます