セキュリティ対策ソフト「Avast」(アバスト)などの開発元であるAVAST Software s.r.o.(以下、アバスト社)は11月2日、「仮想通貨採掘行動のガイドライン」を発表した。

ウェブサイトやソフトウェアにおける仮想通貨マイニングの悪意の有無をアバスト社が判断するための指標で、同社のソフトウェア「アバストアンチウイルス」シリーズすべてに適用される。

アバスト社のソフトウェア「アバストアンチウイルス」シリーズがインストールされている環境で、仮想通貨マイニングの悪意の有無を判断するガイドラインとなる。ウェブサイトとソフトウェアによる仮想通貨マイニングでは、ガイドラインに則していないと判断した場合にマルウェアとして検出するとのこと。

ウェブサイトとソフトウェアによる仮想通貨マイニングで共通する基本ガイドラインとしては、[同意する]ボタンを選択しない限り勝手にマイニングが実施されないこと、ユーザーが[同意しない]ボタンを余計な手間をかけずに選択できるなど、わかりやすさを求めることがルールとして明記されている。

あわせて読みたい【提供リンク】
露天風呂付の部屋を予約するなら…
露天風呂付の部屋を予約するなら…
全国のいい湯を知っている「温泉コンシェルジュ」があなたの旅行をお手伝い。有名温泉から穴場の温泉まで、宿・旅館を2000件以上ご紹介。
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます