以前より度々問題となっていた仮想通貨におけるハッキング問題ですが、2018年に入りその問題はより大きくなっています。

Coincheckなどの取引所での大規模なハッキングは、投資家だけでなく社会的に大々的に報道され仮想通貨に対するマイナスイメージを植えつけました。

そんな中、イーサリアム開発者の一人であるヴィタリック・ブテリン氏はこの問題に対する解決策があると主張しています。

その解決策とは既存のPlasmaの最新バージョンであり、Plasma Cashと呼ばれています。

Plasma(プラズマ)とは?

ブテリン氏とジョセフプーン氏は、イーサリアムスケーラビリティ問題を解決するために2017年にPlasmaを作成しました。

Plasmaはサイドチェーン技術と呼ばれ、スマートコントラクトのシステムであり、ルートブロックチェーンに渡されるデータを最適化することによって機能します。

スマートコントラクトとはあらゆる契約・動作がプログラミングされ自動的に処理するシステムでイーサリアムに採用されています。

しかし1つのブロックを作成するのに数千のトランザクションを処理しなければならなく、時間・電力・手数料などの拡張性が問題となっていました。

Plasmaは各ブロックをダウンロードして検証し、このブロックチェーン内の不要なデータを取り除いて処理して、ルートブロックチェーンに定期的にブロードキャストされます。

メインのブロックチェーンが大きな鎖を作って繋いでいっているとすれば、小さな鎖を作って大きな鎖の中で不要な作業を行い、くっ付けるというイメージだとわかりやすいかと思います。

「親」ブロックチェーン、「子」ブロックチェーンという表現が使われることが多く、「親」がしなくていいことを「子」が代わりにして、最終的に1つのブロックが完成するということです。

Plasmaは、スマートコントラクトや分散アプリケーション(dApp)の取引手数料を削減します。

しかし、現在のPlasmaシステムではスマートコントラクトまたはPlasmaブロックをダウンロードして確認する必要があり、飛躍的なスケーリングが防止されるという懸念がありました。

Plasma Cash(プラズマキャッシュ)とは?

Plasma Cashは2018年3月に発表された、現在のPlasmaシステムの発展系です。

Plasma Cashシステムは、ユーザーがダウンロードしなければならないスマートコントラクトの数をデータポイントの一握りに減らします。

主な利点は作業時間や処理しなければならないデータ量の削減です。

スマートコントラクトやdAppsの取引手数料が削減され、同時にデータが最適化されます。これによりスケーラビリティがより改善されるのです。

また、ユーザーが仮想通貨取引所やサードパーティのサービスにイーサリアムを置くと、Plasma CashシステムがPlasmaコインが作成するとされています。

このコインにはそのイーサリアムの値とそれに付随したIDが付与されます。そしてその各Plasmaコインには所有者が登録され、その情報は置き換えることができません。

そのため、仮想通貨取引所へのハッキングが発生した場合でもPlasma Cashを使用しているユーザーはお金を失うことがなく、Plasmaの終了手続きをすることで資金を引き出すことができるというのが、開発者ブテリン氏の主張です。

スケーリングとセキュリティのソリューション

現在の多くの仮想通貨において、スケーラビリティ問題はどうしても付いて回るのでPlasma Cashのような技術により根本的な解決が望まれています。

そして、投資家がコインを盗まれるのを防ぐソリューションは、仮想通貨取引所のセキュリティを大幅に向上させることになります。

ブテリン氏が述べるようにPlasma Cashが動作すれば、これはユーザー、取引所、そしてもちろん作成者にとっても有益です。

現在はまだ開発段階にあるようですが、実装されるとなればイーサリムはさらに注目されることになるでしょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます