昨年からのICOブームで、ERC20ERC20トークンという言葉を頻繁に目にすることになりました。イーサリアムベースのトークン作成における革新の1つにERC20プロトコル標準が位置付けられています。

ERC20プロトコルとは

httpプロトコルがインターネットを定義したのと同様に、ERC20は、トークンが実装すべき一連のコマンドを定義する Protocol -プロトコル-です。
プロトコルは日本語にすると「規格、規約、約束事」で、httpプロトコルとは、代表的な通信規格の一つで、インターネット上でWebサーバーとユーザーが相互に通信するための仕組みになります。

簡単にいうとインターネット上ではhttpというプロトコルを守りましょうということです。守らなければ正常にページが表示されないなど、不具合が起きることになります。

つまりERC20は、イーサリアムネットワーク上でトークンを発行するための特定のルールと標準を定義するものです。
トークンがこの仕様を実装する場合、それはERC20トークンということになります。

ERC20プロトコルの利点

ERC20プロトコルには、取引を可能にするために有用な Token -トークン-が実装すべき基本機能が含まれています。トークンの転送、特定のアドレスでのトークンのバランスの照会、およびトークンの合計供給などのエコシステム内の SmartContract -スマートコントラクト-が認識し理解できる6つの機能がセットになっています。

ERC20プロトコルの登場によって「テクノロジーとプロトコルの統一性」「トークン実装の各タイプの理解の複雑さの軽減」「ERC20トークンの流動性を向上」など様々な利益がもたらされました。

このERC20トークンには、「EOS」「TRON」「ICON」「OmiseGO」など非常によく知られた人気のあるトークンがあります。

これらはイーサリアム上でERC20プロトコルを利用して作られているのです。
そして、それらのトークンはイーサリアムをサポートしているウォレットへ簡単に対応させることができます。

まとめ

イーサリアムネットワーク上でトークンを作成するのに必要な基本機能のセットであるERC20プロトコルは新規の ICO -アイ・シー・オー-を爆発的に増やしました。

ICOの規制が世界的に問題になる中ですが、今後もERC20を利用したICOは多く登場するでしょう。しかし、その中で問題が起きることもあり、ERC223ERC721というプロトコルも登場しています。
エンドユーザーである私たちはあまり意識しなくても良い部分でもありますが、ICOに参加をする際にこのERC20という言葉が出てきた場合、「この通貨はイーサリアムをベースにしているんだな」と認識できるため、一つの判断材料となるでしょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます