2018年1月26日深夜、仮想通貨取引所のコインチェックが記者会見を行い、顧客から預かっていた時価580億円分の仮想通貨NEMを流出させたと発表しました。仮想通貨ではたびたび取引所の流出が起きています。その多くが仮想通貨自体のシステムの問題ではなく仮想通貨を取り扱う運営の脆弱性をつかれた流出事件です。

取引所は多くの資産が集まることからハッカーの攻撃の対象となるため、セキュリティ対策にかなり力を入れていますが、今回のコインチェックにしても結果はどうあれ、取引所保管は危険と痛感した人も多いのではないでしょうか。

残念ながら仮想通貨の保管場所として取引所というのは決して100%安全な場所とはいえません。仮想通貨をオンライン上で保管している限りは、常に盗難のリスクにさらされています。失いたくないものは取引所に入れたままにしてはいけません。コールドウォレットと呼ばれるオフラインで自分が秘密鍵を管理できるタイプのウォレットを利用した方がよいかもしれません。

ウォレットとは?

ビットコインなどの仮想通貨を保管する際は財布(ウォレット)が必要になってきます。ウォレットは銀行口座のようなもので、仮想通貨を保管し、資金の移動の際は相手のウォレットを指定して送金をしたりします。

取引所のウォレットは、その名の通り『仮想通貨取引所内でのウォレット』になります。通常ビットコインを購入しようとした場合には、まずは取引所で日本円でビットコインを購入する必要があります。
日本円を取引所に入金をして、その後日本円でビットコインを購入という流れです。するとビットコインが取引所に反映されることになります。この場合が取引所のウォレットにビットコインを預けている状態となっています。
もちろん取引所に預けているビットコインを他の取引所に送金したり、自分のウォレットに移すことも可能です。

ウォレットの種類

ウォレットには、大きくわけて5種類に分類されます。

  • デスクトップウォレット(パソコン上のウォレット)
  • ウェブウォレット(インターネット上のウォレット)
  • モバイルウォレット(スマートフォン上のウォレット)
  • ペーパーウォレット(紙に印刷されたウォレット)
  • ハードウェアウォレット(専用ウォレット端末)

この5種類の違いは仮想通貨の送金に必要な暗証番号(秘密鍵)をどこに保存しているかです。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットとは、仮想通貨を管理するウォレットのうち、自分のPCから利用するタイプのものをさします。最も古くからあるウォレットの種類で、仮想通貨の開発元が公式にリリースしているウォレットの多くがこの形式を取っています。ビットコインの過去の取引データ全てをダウンロードするフルインストール版と必要最低限のデータをダウンロードする簡易版があります。
フルインストール版は仮想通貨の Mining -マイニング‐をする場合に必要ですが、膨大な取引データをダウンロードするため大きなハードディスク容量が必要です。実際に保管、送金、受け入れが目的なら簡易版で十分です。

メリット

基本的に完全にPC上に存在するので、PCをオフラインにすれば安全性の高いウォレットとして使えます。PC電源を落としても無くなりません。
PCが使えなくなった時にも復元用パスワードというものがあるので、それを別のPCに打ち込むことで復旧できます。

デメリット

復元用パスワードやログインパスなどを無くすと最悪復旧できません。ほぼすべての管理を自分で行うので、定期的に様子を見る必要があります。また、秘密鍵は自分が所有するデバイスで保管しますので、ウェブウォレットよりも安全性は高くなりますが、そのデバイスをインターネットに繋いでいる場合は、ハッキングのリスクはゼロではありません。

ウェブウォレット

ウェブウォレットは、サイトに登録しておけば、自分のメールアドレスとパスワードだけで簡単に登録・管理できるという利点があります。サイバー攻撃などへの対策は全て運営者任せなので、ユーザーがあえて対策をする必要がありません。
サイトにアクセスすれば、いつでも好きな端末からウォレット操作ができます。仮想通貨取引所のウォレットもこのウェブウォレットです。

メリット

パソコン上のウォレットよりも口座開設や各種設定が簡単におこなえます。
自分のパソコンだけでなく、外出先のパソコンなどからもアクセスできるので、自分のパソコンが壊れても安心です。また、家ではPC、外出先ではスマホやタブレットなどを使ってウォレット操作の使いわけも可能です。

デメリット

ウェブウォレットは、ウォレットの管理をサイトを通しておこないます。
ですから、サイトにアクセス・ログインできなくなったり、サイトが急にサービスを停止してしまうような状況が発生した場合、資産が凍結されてしまう可能性があります。また、多くのアカウントが存在し、まとまった仮想通貨がウェブ上に存在するため、ハッキングの被害に遭いやすいという危険性があります。

モバイルウォレット

モバイルウォレットはユーザーが自分の秘密鍵をiPhone、Androidのアプリに入力することによって、アドレス内での資金管理が可能になります。
ウェブウォレットとは違い、スマホアプリで自分の秘密鍵を入力すれば、それだけでウォレット内の資金を管理することができます。秘密鍵はスマホ内のみで管理されるため、ウェブウォレットほどハッキングのリスクが高くなく、持ち運びに優れているのが特徴です。

メリット

モバイルウォレットの利点はスマートフォンなどから出先でも仮想通貨を管理できることです。実店舗での支払いに仮想通貨を利用する場合、手軽に持ち運びできるモバイルウォレットは最適な選択肢になります。QRコードをアプリで読み取るだけで、スムーズな支払いが可能です。ビットコイン決済は現在、ビックカメラHISなどの大手企業から、飲食店などの個人事業者まで少しづつ導入店舗が増えてきています。
オフライン環境での使用もで、インターネット接続時を除いてはウェブウォレットよりもセキュリティ面が優れています。

デメリット

自分の使っているスマホを万が一紛失・破損してしまった場合、使用していたモバイルウォレットにアクセスすることができなくなるため、バックアップを取っていないと全ての資産を失うことにもなります。また、モバイルアプリの公開監査が厳しいので、あまり認知されていないアルトコイン向けのウォレットは認可されにくい傾向にあります。そのため、アルトコインに対応したアプリの数が少ないのでアプリを選ぶ際には注意が必要です。

ペーパーウォレット

文字通りアドレスや秘密鍵を紙に印刷し保管するウォレットです。ペーパー上に公開鍵秘密鍵QRコードで出力して保存します。オンラインから切り離されているので、ハッキングによって秘密鍵が流出するリスクはありません。
仮想通貨の情報をオンライン上ではなくオフラインで保管する方法を取っているので、非常に安全な保管方法だといわれてます。
ペーパーウォレットに必要なアドレス秘密鍵はネット上のサービスで発行可能です。信頼出来るサービスを提供しているサイトを選ぶことも重要です。

メリット

仮想通貨のウォレットを持っていない人に気軽に譲渡することができるビットコインのウォレットを持っていない人に気軽に譲渡することができ、多額の仮想通貨を安全に、シンプルに保管できます。仮想通貨を頻繁に売買するような場合には適しませんが、高額な資産を年単位で保管する場合にはペーパーウォレットが理想的です。

デメリット

紙自体が劣化してしまった場合に、秘密鍵などの重要な情報が読み取れなくなってしまうリスクがあります。また、 一度紛失してしまったり、破損してしまったりした場合には、 重要情報が二度と復元できないというリスクもあります。ペーパーウォレットを使用する場合は、金庫など他人に盗まれない場所に保管するように注意してください。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは、仮想通貨を保管するウォレットのうち、秘密鍵を内蔵した外部デバイスのことです。PCに接続していない間はコールドウォレットとなるため、セキュリティ面で非常に強力なのが特徴です。長期保管や多額な資金を扱う場合はハードウェアウォレットが現時点で一番適しています。

メリット

ハードウェアウォレットメリットはセキュリテイが高く、盗まれにくいことです。オフラインで管理してくれるので、ハッキングや取引所の倒産リスクはありません。仮に、ハードウェアウォレット本体を紛失してもリカバリーフレーズにより、復元が可能です。もし、ハードウェアウォレットのメーカーが倒産してもリカバリーフレーズには互換性があるのでウォレット同士の互換性があれば資産を復元できます。

デメリット

ひとつのハードウェアウォレットには限られた種類の仮想通貨しか保管出来ません。
そのため、数種類の仮想通貨に分散して保有している場合には、保有する仮想通貨に対応したハードウェアウォレットが必要になります。
デバイスを紛失したり故障したりと言ったリスクはもちろんあります。パスフレーズを大事に保存しておくのは必須です。また、ハードウェアウォレットは簡単に使えるといっても初心者にはハードルが高いかもしれません。取り扱うには多少の知識が無ければ仮想通貨を紛失してしまうこともあります。ハードウェアウォレットの操作ミスは自己責任です。ハードウェアウォレットの仕組みを理解してから使用すようにしてください。

ウォレットには絶対はありません。リスク分散を

仮想通貨や取引所は普段使っている円や銀行のように整備されたものではなく、まだ未成熟で、日々進化しているものです。そのため、自分の通貨を安全に管理・保存する方法も変化しますし100%安全というものも残念ながら現時点ではありません。
例えばパソコンの中のウォレットに保存してパソコンが盗まれた、壊れてしまったということもありますし、自分の手違いで知らない誰かに送金しまうこともあります。

仮想通貨を高額取引する場合は Cold‐Storage -コールド・ストレージ-であるペーパーウォレットやハードウェアウォレットを利用検討してください。仮想通貨の管理には細心の注意が必要です。
対策は確実にして、できるだけ安全に保管しましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます