ステーブル(stable)は「安定している」「固定されている」といった意味。

法定通貨に対する価格の Volatility【ボラティリティー】が激しく、支払い手段としては使われにくい、というビットコインなど暗号資産(仮想通貨)の弱点を補うために作り出されたのが、法定通貨との間で安定した価値を維持する仕組みの暗号資産(仮想通貨)、ステーブルコインです。安定した価格を実現するため、米ドルや金などの安定した資産と連動(ペック)するよう設計されています。

価値が安定することで、決済(支払い)だけでなく貸出、預金など広く分散型金融サービス(Defi)に利用されることへの期待も高まっています。

ステーブルコインはおもに4種類

ステーブルコインは、価格を安定させる方法という観点から「法定通貨担保型」「仮想通貨担保型」「無担保型(アルゴリズム型)」「商品担保型」の4種類に大別できます。
アルゴリズムとは、問題を解くための演算手順又は、課題を解決するための方法や手順のことです。ここでは価格を安定させるための方法だと捉えておくと良いでしょう。

法定通貨担保型

市場に流通しているステーブルコインの大半を占めるのが法定通貨担保型です。

法定通貨とは世界各国が発行している米ドルや日本円、ユーロなど既存の通貨のことで、既存の法定通貨を担保にして発行されるステーブルコインを、法定通貨担保型という。

法定通貨担保型のステーブルコインを発行する企業や運営主体は、そのステーブルコインと同額の法定通貨を保有していることが前提で、ステーブルコインが無価値になるような事態になっても、同額の法定通貨があるため、それを担保にすることができ、通貨の信用が維持される仕組みとなっている。

有名なものにはテザー(USDT)やUSDコインなどがあります。

いずれも米ドルを担保にしているステーブルコインなので、それぞれの仮想通貨は1通貨当たり1ドルの価値となるように運営されています。

無担保型(アルゴリズム型)

無担保型は法定通貨や仮想通貨を担保とせず、発行主体が需給の状況を常にチェックしながら供給量を調節し、価値を保つことを目指すステーブルコイン。
価値を保つためのアルゴリズムを開発し、アルゴリズムが自動的に供給量を調節するため、アルゴリズム型とも呼ばれています。

無担保型の代表的なステーブルコインには、Empty Set Dollar(ESD)、暴落した「テラUSD」などがあります。

仮想通貨担保型

法定通貨担保型が法定通貨を担保にしているのと同様に、仮想通貨を担保にしているのが仮想通貨担保型のステーブルコインです。

イーサリアムなど代表的な仮想通貨を担保にしているため、担保となる仮想通貨の価値が失われない限りは信用を獲得できるが、担保にしている仮想通貨自体のボラティリティが高いとステーブルコインとしての価格安定性を保ちにくくなります。

仮想通貨担保型のステーブルコインは多くはありませんが、代表的なものにダイ(DAI)があります。

商品担保型

金や石油といったコモディティ(商品)の価値に連動するステーブルコインです。ステーブルコインの価値を裏付ける分の商品を保有している必要があります。

まとめ

ステーブルコインは価格が安定した仮想通貨です。
一般的に暗号資産はボラティリティが高く、決済手段としては使いづらい点が否めません。しかし、ステーブルコインであれば、支払いに利用できる上に、既存のシステムよりも素早く安価な国際送金が可能です。

また、ステーブルコインは大きく分けて、法定通貨担保型、暗号資産担保型、無担保型(アルゴリズム)、商品担保型の4種類に分類できます。

特にTetherTrueUSDなどの法定通貨担保型は種類が多く、国外を中心にすでに使われています。

ただ、現在は世界中で流通する可能性のあるグローバル・ステーブルコインに対して強い警戒感を明確に示す国も多いのが現状です。
日本では過去、ステーブルコインは暗号資産に該当しないとの見解が金融庁から示されていますが、国際情勢も踏まえた規制のあり方が、引き続き検討されていくでしょう。

暗号資産CFD
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます