仮想通貨は電子マネーに似ている気もしますが、その違いは、仮想通貨は世界中とつながっているインターネット上のお金ということ。海外との取引の際に手数料があまりかからず、国ごとの貨幣価値の差もそれほど生まれず、世界共通の単位のお金として使えます。

一方で電子マネーは、現金を電子化してコンピューター上のデータで決済される仕組みなので、日本円を電子マネーに変えて、日本円の代わりとして使えます。要は電子マネーは一つの通貨の代わりとしてしか使えません。

仮想通貨はインターネット上にだけ存在するお金

どこかの国や公的機関が発行しているものではなく、民間で仮想通貨の仕組みが運営されています。仮想通貨に信頼をおいているユーザー(仮想通貨をお金だと思っている人)同士なら取引が可能であり、取引所は世界各地にあります。

したがって、まだまだ仮想通貨の普及率が低い日本では、仮想通貨に信頼をおいている人が少ないため、仮想通貨が使えるお店が少ないのです。

仮想通貨という名前ですが、インターネット上でのお金のやりとりは暗号化されているため、暗号通貨ともいわれています。

「仮想通貨」イコール「仮想の通貨」という呼び名が、多くの人が仮想通貨を信用できない一因にもなっているのでしょう。

革新的な技術で生まれた仮想通貨

仮想通貨とは、インターネット上に存在するお金のことで、実物の紙幣や硬貨は存在しません。ブロックチェーンという新技術によって生まれました。

このブロックを、不特定多数の仮想通貨ユーザーが手分けして承認し、記録をチェーンのようにして繋ぎ追加していきます。これにより、取引記録の改ざんなどの不正を、実質不可能にする技術なのです。

さらに、ブロックチェーンはユーザー全員のコンピュータで分散して管理する、「分散型台帳技術」です。国や銀行などの公的機関が管理していないので、システムがダウンすることはなく、特定の管理者にコントロールされることがありません。仮想通貨は、このような仕組みで成り立っているのです。

では、なぜ仮想通貨が価値を持つのか?

それは、仮想通貨がユーザーの信用の上に成り立っているからです。

私たち日本人が、日本銀行が発行した紙幣・硬貨に価値を持つことと同じように、高度なブロックチェーン技術で生み出された仮想通貨に信用があるから、価値が生まれるのです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます