仮想通貨取引をおこなう人がふえるにつれ、各国で仮想通貨取引所が続々と誕生しています。
どの取引所を利用すればいいか迷われている方もいると思いますが、そのような中で話題を集めているのが「DEX」です。
今回は 「DEX」という新たな形態の仮想通貨取引所の実態についてみていきましょう。

DEXとは『Decentralized Exchange』の略で、和訳すると分散型取引所となります。

従来の仮想通貨取引所は、中央管理者となる取引所に自らの仮想通貨を預け、取引を行う中央集権型の取引所が一般的でした。

しかし、中央集権型の取引所に通貨を預ける場合、その秘密鍵の管理を取引所に委任する形となるため、取引所の内部者が不正に資金を引き出してしまうリスクや、取引所の秘密鍵がハッキングされ、資金が流出してしまうリスクがあります。

過去にこうした中央集権型取引所を狙ったハッキング事件は2014年のMt.GOX事件や日本のコインチェック、ザイフ、海外のユービット、ビッサムなど、たびたび起こっており、そのたびに取引所に仮想通貨を預けるリスクについて議論されています。

この問題を解決するのが、中央集権の管理者が存在しない取引所、DEX(分散型取引所)です。一般的になっている中央集権型の仮想通貨取引所とは異なり、ブロックチェーン上に開設された非中央集権型取引所であり、中央管理者の存在しない次世代型の仮想通貨取引所として注目を集めています。

DEXには中央管理者や運営者が存在しないため、提供されるサービスは非常にシンプルになっています。
取引板を生成できるようなシステムを作って、取引板が表示されるくらいです。

なお、資産の管理や取引はブロックチェーン上で行い、秘密鍵は個人がそれぞれで管理します。取引所に資産を預けるといった概念はありません。ブロックチェーン上に存在しているためセキュリティも優れています。

DEXのメリット

中央集権型の取引所は、管理者や運営者がいることで信用性が高く思えますが、人の手で運営されているため、内部の不正リスクや外部からのハッキングによる顧客資産の流出といったリスクも潜んでいます。

これに対して非中央集権型のDEX取引所は、ブロックチェーンを利用して、ユーザーが個々に全てを管理する仕組みなので安全性と透明性が高いのがメリットです。
また、中央管理者がいないので、取引をスタートするにあたって本人確認などの面倒な手続きも必要ありません。

資産を取引所に預けないという意味で安全性が高く、ブロックチェーン上で全てができる点で透明性が高く、取引所に手数料を払うなどの中間マージンが発生しないという仕組みで人気が高まっています。

DEXのデメリット

買い注文、売り注文、キャンセル、など仮想通貨の取引について、すべてブロックチェーン上で取引を行いますので毎回手数料が必要になります。また、ブロックの承認に時間がかかるため、動作に時間がかかってしまいます。

そして、新しく作られた仕組みであるため、まだトレーダーが少なく、取引の流動性に欠ける点や独自の通貨の取引などに限定され取り扱い通貨の種類も少ないといった点もあげられます。

また、管理者によるサポートが受けられないため、初心者向きでないのかもしれません。

おすすめのDEX取引所3選

CryptoBridge(クリプトブリッジ)

クリプトブリッジは、DEXと従来の特徴を併せ持ったハイブリッド型取引所です。サーバーが日本、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなどいくつかの国にまたがって組織化されています。300種類以上の取り扱い通貨があり、英語のみではなく日本語にも対応済みです。

CryptoBridgehttps://crypto-bridge.org/

EtherDelta(イーサデルタ)

イーサリアムのブロックチェーン上にできた取引所であり、イーサリアムベースの超マイナー通貨が高確率で一番初めに上場する取引所です。
イーサデルタを利用するには、Metamaskとよばれるウォレットを作ることが必要です。
このMetamasKはChromeの拡張機能をインストールして追加すれば良く簡単に作ることができます。Metamaskにイーサリアムを移してイーサデルタに送金するとトークンを購入することが可能です。

EtherDeltahttps://etherdelta.com/

0x(ゼロ・エックス)

ゼロエックとは、イーサリアムがベースの暗号通貨でトークンはZRXで表記されます。このゼロックスにはトークン間を交換させる性質をもっていることからDEX取引所として利用されています。ゼロックスではレイヤー(中継者)とよばれる取引所間を仲介してくれる人を採用しています。
このレイヤーを取引所間に置くことで、各取引所のゼロックス注文を集約することができます。このレイヤーは0xを採用した取引所などを始めると誰でもなることができ、報酬を得られます。

0xhttps://0xproject.com/

DEXの未来

将来的には取引所も分散化が主流になる未来が訪れるだろうと期待をしています。
最近ではBinanceも独自のブロックチェーンを構築して分散型取引所を開設することを発表しました。このように、どんどん「分散化」が進んでいます。

BINANCE(バイナンス)が分散型取引所(DEX)のデモ動画を公開

いずれは、ブロックチェーンが仮想通貨の枠を超えてあらゆる価値のあるデジタル資産の交換が直接的にできるようになるかもしれません。

あわせて読みたい【提供リンク】
露天風呂付の部屋を予約するなら…
露天風呂付の部屋を予約するなら…
全国のいい湯を知っている「温泉コンシェルジュ」があなたの旅行をお手伝い。有名温泉から穴場の温泉まで、宿・旅館を2000件以上ご紹介。
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます