取引所名称 TAOTAO/タオタオ
取引所・販売所 販売所
取引方法 FX・現物取引
最低取引単位 0.001BTC
セキュリティ コールドウォレット・マルチシグ対応・二段階認証
取り扱い通貨 (現物)BTC・ETH(レバレッジ)BTC・ETH・XRP・LTC・BCH
レバレッジ倍率 最大4倍
仮想通貨交換業者 関東財務局長 登録番号 第00011号
評価
(3.0)

タオタオの詳細

タオタオは2017年に設立された仮想通貨取引所です。仮装通貨事業者として登録済みであったビットアルゴ取引所東京にヤフーグループが出資。社名を変更し、TAOTAO(タオタオ)としてスタートしました。スローガンとして「新しいお金。新しい世界。」というものを掲げており、仮想通貨・ブロックチェーンを社会に浸透させることを目標にしています。

株主は株式会社シーエムディーラボとヤフーの子会社であるZコーポレーションの2社。Zコーポレーションが40%出資しています。つまり、事実上、ヤフーが仮想通貨に参入したといっても過言ではありません。また、シーエムディーラボは聞いたことがないと思いますが、「金融工学」、「医用工学」、「農工学」の研究者集団です。代表取締役の荒川佳一朗氏は、過去にYJFX!(ワイジェイFX)の代表取締役を務めた経歴のある人物です。

実際にコインで仮想通貨を購入する現物取引ではBTCとETHの2種類。
信用で取引を行うレバレッジ取引では5種類が取り扱い通貨になっています。国内で大人気のXRP(リップル)も取り扱っていますが、ビットコインとイーサリアムの2つ以外、現物取引はできないので注意してください。

入出金や入出庫にも手数料がかからない点もメリットとなっています。入金手数料が無料のところは多々ありますが、出金手数料が無料なのは、他社にはなく、非常に有利な点です。

また、初心者でも取引しやすい環境づくりに力をいれており、スマホアプリは現在の損益状況を一目で把握でき、わかりやすい操作画面で初心者でもカンタンに使うことができます。PC版は専門的な形になっており、プロのトレーダーにとっても使いやすいデザインとなってます。

サイバー攻撃から利用者個人の資産や自社の資産を守るクラウド型「WAF」のほか、24時間365日のセキュリティシステムの監視・運用を行う「マネージドセキュリティサービス for Incapsula」など、2018年に多発したサイバーリスクへの対策も講じられています。

タオタオの特徴

メリット

  • Yahoo!が出資している安心感
  • 各種手数料が無料
  • 即時入金に対応
  • 使いやすいスマホアプリ
  • 最先端のセキュリティシステム

デメリット

  • 取り扱い通貨が少ない
  • スプレッドが大きい

タオタオの口コミ・評判

よい評判

わるい評判

タオタオの評価のまとめ
タオタオはキャンペーンはもちろんですが、Yahoo!のグループ会社が出資をしていることで期待や注目が高まっている取引所です。タオタオの代表取締役である、荒川 佳一朗氏に直接お問合せできる点は、ユーザーと共に取引所を作っていくような感じがあり、利用するユーザーからしたらとてもありがたいことです。手数料が安く、安心感があるので、初心者が口座を開くのに適しているでしょう。ただし、現物取引できる通貨は少ないので、多くの通貨の取引を希望するのであれば口座開設をするのであれば、オススメはできませんが、今後さらなる進化が期待されるタオタオには注目です。

運営会社概要

本社所在地 東京都港区新橋5-1-9 銀泉新橋第2ビル 5階
資本金 7億6000万円(資本準備金含)
設立年月日 2017年5月26日
代表者氏名 荒川 佳一朗
加盟団体 一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会
一般社団法人 日本仮想通貨ビジネス協会
※2019年4月時点の情報となります。最新情報に関しては公式サイトを御覧ください。

取扱い通貨一覧

タオタオのサイトへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます