取引所名称 Liquid by Quoine / リキッドバイコイン
取引所・販売所 取引所
取引方法 現物取引・レバレッジ取引
セキュリティ コールドウォレット・マルチシグ対応・二段階認証
取り扱い通貨 BTC・ETH・BCH・XRP・QASH
最低取引単位 0.001BTC
レバレッジ倍率 最大4倍
仮想通貨交換業者 関東財務局長 登録番号 第00002号
評価
(4.0)

リキッドバイコインの詳細

元々は海外に拠点を置く取引所。以前からQuoin社が運営していたQUOINEX(コインエクスチェンジ)と、QRYPTOSという2つの取引所が合併、リニューアルされることによって誕生しました。

2018年10月現在、日本国内で取引できる通貨はBTC、BCH、ETH、QASH、XRP、XEMの6種類です。国内でも人気の高いリップルの取り扱いと、国内取引所で唯一QASHの取引が可能です。2018年9月末、仮想通貨NEMが上場しましたが、他に上場予定だそうです。

また、マルチマーケットオーダー(MMOs)という機能が実装されています。この機能により世界中の取引所の情報をまとめた単一のオーダーブックを見て、注文をすることができます。世界中のトレーダーが同一のオーダーブックを見ながら、更にそれを自国の通貨建てで表示することが可能となっています。将来的に持っている仮想通貨を有償で貸し付けることができる「仮想通貨レンディング」機能を追加する予定であると発表していて、仮想通貨を長期投資で運用している方には何もしなくても利息が入ってくることになるので魅力的なサービスとなっています。

BTC/JPYの現物取引手数料が0円です。その他にも、ロスカット・口座開設・口座維持手数料は一切かかりません。また、他のアルトコインの売買に関わる手数料も0.25%と安いことが特徴です。取引のスプレッドに関してもかなり狭く、手数料も安いことからトレードを頻繁にする方にはお勧めの取引所ではないでしょうか。

取扱銘柄の種類、手数料の違いなどでしか差別化できていなかった仮想通貨取引所の中でリキッドバイコインは新しいシステムを実装して流動性の問題を解決している画期的な取引所です。

リキッドバイコインの特徴

メリット

  • 金融庁からの業務停止処分は一度もなし
  • 国内取引所出来高No.1
  • 強固なセキュリティ

デメリット

  • 入出金に時間がかかる
  • 取扱通貨数が少なめ

リキッドバイコインの口コミ・評判

よい評判

わるい評判

リキッドバイコインの評価のまとめ
ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュといった国内でも人気の仮想通貨を取り扱っており、手数料も無料で取引が行えることが評価できます。
ネット上で見られる評判に関しては、セキュリティで強さやスマホなどのアプリの使いやすさが評価されています。セキュキュリティー面でも、100%コールドウォレット管理や、出金手続きは4段階認証が必要など、安全対策もバッチリです。
アプリは機能が豊富すぎることがもあり、仮想通貨初心者の方は慣れるまでやや複雑に感じるかもしれませんが、LINEでのサポートも受け付けていますので、わからないことがあったら気軽に質問することが可能です。
また、「QASHトークン」を取り扱っているのも魅力です。
デメリットである出金の遅さも確実な処理と確認の為に必要なものであり、今後より多くの人々に使われることによって改善していくと予想できます。さらなるサービスの向上に期待したいですね。

運営会社概要

本社所在地 東京都中央区京橋二丁目2番1号
資本金 20億円(資本準備金含む)
設立年月日 2014年11月
代表者氏名 栢森 加里矢
加盟団体 一般社団法人 日本仮想通貨ビジネス協会
一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会
一般社団法人 Fintech協会
※2019年4月時点の情報となります。最新情報に関しては公式サイトを御覧ください。

取扱い通貨一覧

リキッドバイコインのサイトへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます