取引所名称 コインチェック
取引所・販売所 取引所&販売所
取引方法 FX・信用取引・現物取引
セキュリティ コールドウォレット・マルチシグ対応・二段階認証
取り扱い通貨 BTC・ETH・ETC・LSK・LTC・FCT・XRP・XEM・LTC・BCH
最低取引単位 0.001BTC
レバレッジ倍率 最大5倍
仮想通貨交換業者 関東財務局長 登録番号 第00014号
評価
(3.4)

取引所詳細

コインチェックは、2012年8月に設立した「コインチェック株式会社」の仮想通貨取引所です。

国内では最も多くの通貨を取り扱い、テレビCMなど仮想通貨の認知を広める為の活動なども積極的に行い、一時は国内最大規模の170万口座を抱え2017年12月期の取引高は3兆9000億円にも及んでいたといわれています。

しかし、2018年1月26日に巨額のハッキング被害にあいます。その被害額はなんと約580億円。金額としてはマウントゴックスの470億円を上回る、過去最大規模の流出です。
この事件は、2018年の政治・経済関連の分野で印象に残った出来事の1位にも選ばれています。

その後、コインチェックは業務改善命令を受け事実上、大半のサービスを停止していました。

しかし、4月にはマネックスグループがコインチェックを傘下に収めるなど、経営再建に全力を尽くし、金融庁による審査、及び正式な交換業者の認可登録を後回で、徐々に業務再開を進めていました。2018年10月30日から、コインチェックは新規口座開設の受け入れなど、本格的な再開を始ています。

そして、2019年に経営体制や内部管理体制の見直しを進め、登録を目指していましたが、改正資金決済法に基づく「仮想通貨交換業者」として、金融庁の認可登録を受けた(関東財務局登録番号:第14号)ことが発表されました。

コインチェックの特徴

メリット

  • 取扱通貨が豊富
  • アプリが使いやすい
  • 独自サービスとして「コインチェックでんき」、「貸仮想通貨サービス」を展開
  • サイトデザインがシンプル
  • マネックスグループ100%子会社

デメリット

  • 次は大丈夫なのか?不安
  • スプレッドが高い

コインチェックの口コミ・評判

よい評判

わるい評判

コインチェックの評価のまとめ
コインチェックのアプリは以前から使いやすいと、人気が高かったのですが、再開した現在も人気がありこれから仮想通貨を始めようとする人や、始めたばかりの初心者ユーザーの方にとっては、使い勝手がよい取引所だといえます。また、国内初でビットコイン支払いによる公共料金(電気料金)に対応、店舗でのビットコイン決済の導入など国内の取引所では常に先進的なサービスを実施している取引所です。
ハッキング被害を受け、国内の仮想通貨市場の下落を誘引した取引所というマイナスイメージがありますが、金融庁によって認可された「登録業者」として再スタートを切った今、信頼性が高まってます。

運営会社概要

本社所在地 東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル3F
資本金 1億円
設立年月日 2012年8月28日
代表者氏名 勝屋敏彦
加盟団体 一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会
一般社団法人 日本ブロックチェーン協会
一般社団法人 日本仮想通貨ビジネス協会
一般社団法人 FinTech協会
※2019年4月時点の情報となります。最新情報に関しては公式サイトを御覧ください。

取扱い通貨一覧

コインチェックのサイトへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます